記事一覧

9/4 福島県観光有料道路 3路線満喫ツーリング 2-1

社畜故になかなか取得できなかった夏季休暇。権利消滅間際で取得することができたので、天候が悪くてもツーリング!
で、比較的空いているであろう福島を目的地に設定。下調べで分かった事といえば r70 福島吾妻裏磐梯線(磐梯吾妻スカイライン)が、吾妻山噴火警戒レベル2の理由から夜間通行止め (17:00 - 7:00) 、浄土平の気温は15℃前後な模様。

今回の走行距離 784.6km、ODO 10,694km。
ルート ↓

150904

秋雨前線が絶賛停滞中で動きが読めない今週の天気。。というか出発前から自宅周辺は既に土砂降りの大雨。。
雨具にNBNLブルゾンとメッシュジャケット、薄手のデニム、インナーは長袖。グローブは雨用とメッシュを用意。多い荷物もトップケースに放り込んでしまえば無問題。自宅出発3:20。

満タン出発するため 東洋石油販売 四街道セルフSS で給油、ODO 9,911km。
レギュラーガソリン @119円 5.89L 消費税込み 700円。
146.5km / 5.89L = 24.87km/L

高速道路は東関東自動車道 四街道IC - 圏央道 - 常磐自動車道 - 磐越自動車道 - 東北自動車道 福島西IC というルート。
まずは6月に開通した圏央道 大栄JCTを経由し常磐自動車道へ。
法定速度 100km/h(Ninja650だと6速 4,500rpm程)+αで走行、土砂降りは利根川を渡った先の圏央道 稲敷ICの辺りから小康状態に。でも防寒として雨具は脱がずに移動継続。常磐自動車道に入り水戸ICを過ぎた辺りから気温低下が顕著に。。ネイキッドのVTR250と比べたら体に受ける風も非常に少ないので楽。これも一重にカウルの恩恵ですな^^
あ、以前取り付けたETC動作に問題は無かった。正常認識。

磐越自動車道 阿武隈高原SAで初休憩、気温19℃。駐車場に車数台、バイク無し。この辺りからまた雨が降り始めてきた。
まだ朝晩の冷え込みは厳しくは無いけど、上着一枚あった方が良いかも。

東北自動車道 福島西ICで降り、給油ランプ点灯前に 西形商店 さくらSS で給油、ODO 10,221km。
レギュラーガソリン @141円 12.68L 消費税込み 1,787円。
310.7km / 12.68L = 24.50km/

ここから目指すは福島県観光(元)有料道路 3路線。最初は磐梯吾妻スカイライン。平日の早い時間なので、すれ違う車や前後を走る車の居ないこと居ないこと。

磐梯吾妻スカイライン

木々に囲まれ若干荒れた路面を進んでいくと正面に見えてくる吾妻小富士。毎度の立て看板↓を見る度に息を止めながら走る自分がここに。

「火山性ガス注意! この付近では駐停車しないで下さい」
「この地帯800mは、危険なので停車禁止!」

雨降りでも、ここの景色はピカイチ!

浄土平

磐梯吾妻スカイラインの途中にある景勝地「浄土平」に到着。
駐車場には車が数台、バイクに至っては自分だけという貸切感満載。ビバ平日。紅葉シーズンはまだ先かな。
磐梯吾妻レークラインへ向かう下りは霧で景色を楽しむ余裕無し。20m先が見えない視界不良。。R115 土湯バイパスに出るまでずーっと霧。

磐梯吾妻レークラインは道路両側の木々に高さがあり、道路上空を覆う感じが印象的。森のトンネルを抜けるイメージ。先ほどの磐梯吾妻スカイラインとはまた違う快走路。でも道路脇の苔には注意。途中、道路を我が物顔で占拠するサルのご一行も。ここでは徳島ナンバーのVTR250を見掛けたよ。

磐梯吾妻レークラインの猿

そのまま磐梯山ゴールドラインへ。ここでも前後を走る車やバイクの姿はなく、たまーーに対向車とすれ違うほどの空き具合。磐梯山の標柱と案内板を見ていたら麓から上がってくるライダーが雨具を着ていない事に気づいた。という訳で自分もここで雨具を脱いでNBNLブルゾンに着替え、会津若松市内目指して移動再開。そうそう、福島はヤエー率が非常に高かったです、はい。

福島ゴールドライン

続きは次の記事で^^

コメント

うわーー!めっちゃ走ってきましたね~(σ≧▽≦)σ
大雨の中お疲れ様でした!
ゆっくり休んでくださいー。
スカイライン以外行ったことないんで、続きも楽しみです~♪

No title

朝3時出発とは、それもまた『車畜』ですな!

Re: ミユさん

バイクを乗り換えての初遠出でした^^

朝の降りっぷりで躊躇しましたが、行って良かったです。
明日からの仕事もあるので今日は休息日!

Re: コジさん

じつは体調不良が重なり参加できなくなった方が一名いるのですよ。
まさにその方も車畜!

遠足前日のような高揚も相まって、睡眠時間は短めでした^^;

コメントの投稿

非公開コメント